濫読日記06 「日本の歴史をよみなおす」
JUGEMテーマ:読書
春ですね。竹口は大阪産業大学特任教授に就任いたしました。
事務所だけでなく大学でも、異なる視点をもつ学生たちと一緒に
設計活動にいそしんでいければと思います。
また事務所のほうも、スタッフが一人独立して少し様変わりです。
だからというわけでもないですが「よみなおす」のに凝ってます。

日本中世史をあざやかによみなおしたことで著名な網野善彦氏の著作。「文字」について「貨幣」について「差別」について「女性」について「天皇」について「農業」について「海と日本」について「荘園」について「海賊」についてなどなど。例えば、農業を主体とした社会がずっと続いてきたように考えられていたのに対して、網野氏の描く中世では、14世紀ごろまでには貨幣を用いた売買がすでに一般的であるほど、大都市のみならず、地方の都市や港でも百姓による特産物や工芸品の生産が盛んであり、海や川を通じての定期的な流通がすでに確立していたなど、テーマは多岐にわたりますが、戦国時代までの中世とそれ以降の近世では、社会の構造も生活様式も、さまざまな職業に対する価値観も、全く異なっていたと考えなくてはならないことを鮮やかに描きだしてくれます。
そして現在、戦前生まれの網野氏は、自分が、14世紀以来の生活様式や価値観の大転換期を生きていることを、学生たちとの交流から素直な驚きをもって感じるそうです。
| 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | - |

濫読日記05 
人口減少に興味をもっていたら、この本に目がとまった。 子供のころから、このまま人間がどんどん増えたらどうするんだろう?と素朴な疑問をいだいていたが、実は数の増加はホモ・サピエンスの宿命らしい。 近年、特に縄文時代については気候や食べもの、そして人口までさまざまな新しい発見が続き、このような1冊の本になった。

人口増加は、一律に起こってきたのでなく、これまでに大きな4つの波があったこと。 まずは縄文時代の気候の温暖化による増加と寒冷化による激減。このころ東日本のほうが人口が多かったというのは新鮮な驚き。次に稲作が大陸からもたらされ、食料が安定したことによる増加。この間に日本という国ができるが、8世紀ごろからおそらく農業生産の限界に達し始め、停滞期に入る。
14,5世紀に始まる第3の波は、17世紀には人口革命をおこすほどに大きかったが、これはそれまでの隷属農民の労働力による名主経営農業が、家族労働力を主体とする小農経営へ移行したからだという。ちょっとおもしろい話だが、整えられつつあった市場経済が、利潤を得ることを可能にし、農民自身の生産量拡大への工夫をうながし、そのためには家族を主体とした小規模農のほうが効率がよかったというのだ。
しかしこの波も18世紀、経済発展のいきづまりから停滞期となり、やがて減少に転じる。気候寒冷化による飢饉、伝染病もあったが、さらに大都市の存在が減少に拍車をかけていたというのが興味深い。都市には未婚者が多いことから出生率が低く、過密な状況から災害・病気が大きく影響し死亡率が高かった。経済発展の要である都市で人口が減少するとは、なんと現代の状況を先取りした話であることか!著者は「都市は人口調節装置、一種の蟻地獄として機能していた」とまで書いている!
20世紀の工業化による激増、第4の波も、21世紀に入り停滞、減少にすでに転じている・・・はあ、長くなってしまいましたが、人口という数値を追うだけで、現代のあり方の再考をせまるような、生き生きとした歴史を楽しむことができました。
| 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | - |




PR
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Profile
New Entries
Recent Comments
Archives
Category
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
狭小住宅 7
狭小住宅 7 (JUGEMレビュー »)

表紙に掲載されています.
Recommend
Recommend
Pen (ペン) 2008年 4/1号 [雑誌]
Pen (ペン) 2008年 4/1号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

設計したHallhouse1を掲載いただいています.住宅特集号
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
新建築 住宅特集 2007年 01月号 [雑誌]
新建築 住宅特集 2007年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

2007年から新しい企画でスタートです.当事務所の新作も紹介されています.
Recommend
Link